遊戯王5D'sアニメ情報
2008年4月2日(水)スタート!!
世界のトップ・カードゲーム・アニメ「遊☆戯☆王」の2008年アニメオリジナル新シリーズ。

各話のあらすじを掲載。


[記事を書く]
[月別][コメント]
[更新アラート]
2008年12月24日(水)
【39話「2体の地縛神」】
///
ダークシグナーとなったミスティはアキに命をかけたデュエルを挑む。
アキはブラック・ローズ・ドラゴン、ミスティは地縛神コカライアを召喚して衝突する中、
ミスティの口からアキへと向けられる。
復讐心を駆り立てる本当の理由が明かされる。



02:55
コメント(45)
[コメントを書く]
2008年12月10日(水)
【37話「潜入! アルカディアムーブメント私のターンなんだから!」】
///

ジャックに関わる情報を収集していたカーリーは、偶然ミスティに関する資料を
発見する。彼女のもとを訪れたカーリーは、衝撃の事実を知るが。


02:53
コメント(1)
[コメントを書く]
2008年12月03日(水)
【36話「勇気と力をドッキング!シンクロ召喚!パワー・ツール・ドラゴン」】
吉田伸/石川敏浩/河本昇悟/波風立流

負傷した遊星はマーサのいるホームに運ばれる。
一方龍亞はシグナーたちが協力してダークシグナーと戦うべきだと主張し、
アキのいるアルカディアムーブメントへと向かい、アキの保護者であるディバインに事情を説明する。


02:52
コメント(0)
[コメントを書く]
2008年11月26日(水)
【35話「戦慄!地縛神コカパク・アプ」】
植田浩二/町田住人/中村憲由/井上善勝

遊星は鬼柳のワンハンドレッド・アイ・ドラゴンのコンボを攻略すべく、スターダスト・ドラゴンを召喚し
必殺コンボを炸裂させる。だが、鬼柳は余裕の微笑みを返し、あるカードをかざした!


02:51
コメント(0)
[コメントを書く]
2008年11月25日(火)
【38話「蘇りし魂 燃えさかる新たなジオグリフ」】
///

02:55
コメント(0)
[コメントを書く]
2008年11月19日(水)
【34話「ダークシンクロ!いでよワンハンドレッド・アイ・ドラゴン」】
鈴木やすゆき/佐々木真哉/佐々木真哉&小野勝巳/小林十三

かつて遊星と鬼柳はサテライト統一を目指す同じチームの仲間だった。
その鬼柳が今、エースモンスターのワンハンドレッド・アイ・ドラゴンを召喚し、遊星を追い詰める。


02:50
コメント(0)
[コメントを書く]
2008年11月12日(水)
【33話「復讐の劫火!かつての友 鬼柳京介」】
鈴木やすゆき/高田晶宏/飯島正勝/原憲一

遊星が対峙したダークシグナーは、かつての仲間・鬼柳京介。
サテライトに出現した地上絵がデュエルの舞台となり、ふたりの対決が始まった。


02:48
コメント(0)
[コメントを書く]
2008年11月05日(水)
【32話「自由の象徴 ダイダロスブリッジ」】
彦久保雅博/政木伸一/政木伸一/こかいゆうじ

遊星とクロウ、そしてラリーたちはクロウのアジト・ダイダロスブリッジで落ち合う。
一方、街ではある不可解な事件が起きていた。


03:27
コメント(1)
[コメントを書く]
2008年10月29日(水)
【31話「故郷と仲間 再開のタッグ・ライディング!」】
植田浩二/河本昇悟/武藤公春/武藤公春

クロウと再会した遊星はラリーたちのもとを訪れた。
だが、そこにセキュリティがクロウを追ってやって来た。そこで遊星は……。



03:27
コメント(1)
[コメントを書く]
2008年10月22日(水)
【30話「わが名はクロウ!飛べブラック・バード」】
吉田伸/瀬藤健嗣/浅利藤彰/南伸一郎

クロウはセキュリティー保管庫からカードを盗み逃走。
追跡してくるセキュリティーは強制的にライディング・デュエルを行う。
セキュリティーが防御を固めるのに対しクロウはブラックフェザーシリーズのモンスターを召喚する。
その頃、遊星はゴドウィンからダークシグナーに関する新たな真実を聞かされていた。



03:26
コメント(0)
[コメントを書く]
2008年10月15日(水)
【29話「迫りくる脅威!ダークシグナー牛尾!?」】
鈴木やすゆき/中村憲由/石川敏浩/波風立流

カーリーは「ロード・オブ・ザ・キング」の完成披露試写会の会場に向かっていた。
そこでカーリーはジャックがサテライト出身であることを知り、それを確かめに行く。



03:25
コメント(0)
[コメントを書く]
2008年10月08日(水)
【28話「すべてを呑みこむ闇 不滅のダーク・シグナー」】
植田浩二/久保太郎/飯島正勝/丸山修二

突然、現れたクモの痣をもつ男とデュエルする遊星。
ダーク・チューナーを召喚するその男は滅法強く、遊星は追い込まれてしまう。

01:54
コメント(0)
[コメントを書く]
2008年10月01日(水)
【27話「光なき世界 ダークシンクロ氷結のフィッツジェラルド!」】
鈴木やすゆき/町田住人/河本昇悟/野口啓生

ニューキングになった遊星に取材が殺到。
取材出来なかった記者のひとりカーリーはジャックの病院に向かうが……

01:53
コメント(0)
[コメントを書く]
2008年09月24日(水)
【26話「シグナーたちの運命! 赤き竜が導く未来!」】
吉田伸/佐々木真哉/小野勝巳/原憲一

遊星VSジャック。レッド・デーモンズ・ドラゴンを召喚し、
遊星のジャンク・ウォーリアーを破壊するジャック!

01:52
コメント(0)
[コメントを書く]
2008年09月17日(水)
【25話「フォーチュンカップ ファイナル!孤高のキング ジャック・アトラス」】
吉田伸/政木伸一/大関雅幸/こかいゆうじ

スタジアムが壊滅的な被害を受け、遊星は大会中止を進言するためゴドウィンのもとに。
そこで遊星を待っていたのはジャックだった。

01:52
コメント(0)
[コメントを書く]
2008年09月10日(水)
【24話「ヴィクテム・サンクチュアリ 破壊を包む星となれ!スターダスト・ドラゴン」】
鈴木やすゆき/武藤公春/東海林真一/箕輪悟

遊星とアキのデュエルは観客を巻き込み、観客席を破壊するほどの凄まじいものだった。その中にあって、
遊星はアキの攻撃を耐え、彼女の中にある拒絶と怒りの先にある何かを必死に探ろうとしていた。一方、アキは
その攻撃の手を緩めることはなかった。やがて、遊星はアキの持つ第三の感情に気付く。それは破壊の力に
楽しみと愉悦を感じていることであった。遊星のその言葉に訝るアキ。だが、容赦のないさらなるアキの攻撃は続く。
遊星も必死に対抗し、アキにダメージを与える。そんなふたりの一挙手一投足に観客達が沸く。
果たして、ファイナルバトルに勝利するのは遊星か?アキか?


01:51
コメント(0)
[コメントを書く]
2008年09月03日(水)
【23話「決勝戦、仮面の奥に隠された心」】
鈴木やすゆき/浅見松雄/瀬籐健嗣/南伸一郎

来宮の目的、同時にイエーガー達の目的、それはアキが"シグナー"であることを確認することであった。そして、
それは来宮の敗北によって果たされた。アキは間違いなく"シグナー"であった。こうして、ファイナルステージは
遊星とアキの一騎打ちが決定した。来宮とアキのデュエルを見ていた遊星は、彼女の中に、拒絶と怒り、さらに
まだ何かが潜んでいることを感じる。そして、デュエルを終えたアキと遊星がスタジアム奥の通路で対峙する。
遊星は、アキにとっての痣の意味を問う。痣を持つ者を憎み、嫌悪する、と答えるアキ。
様々な思惑をはらみながら遊星とアキのデュエルが始まった!

01:50
コメント(0)
[コメントを書く]
2008年08月27日(水)
【22話「暴かれる過去 デュエルプロファイラーVS黒バラの魔女」】
冨岡淳広/瀬籐健嗣/葛谷直行/小林一三


遊星との死闘の末、敗北したボマー。だが、ボマーは自身の復讐のため、ゴドウィンにその刃を向ける。空しく
ゴドウィンの義手によって、その刃は阻まれる。セキュリティに連行されるボマー。遊星に「自分の使命を果たせ」と
言い残し去っていくボマー。デュエルは続く。選手控え室では、次の挑戦者・来宮虎堂がパソコンを前に、
十六夜アキの16年間にわたるデータを打ち込み終えていた。そんな来宮をフィールドへ誘うイエーガー。
一方、ディヴァインに見送られ、フィールドへと向かうアキ。ついに、来宮と"黒バラの魔女"ことアキのデュエルが
始まろうとしていた。果たして、来宮の目的とは。


01:45
コメント(0)
[コメントを書く]
2008年08月20日(水)
【21話「復讐のボマー 悲しみのトラップ チャリオット・パイル」】
吉田伸/菱川直樹/中村憲由/寺澤伸介

デュエル・オブ・フォーチュンカップの大会第2日目。第1戦から遊星とボマーの激しいデュエルが展開する。
遊星、ボマー共に信念を持って繰り広げられるデュエルは激しさを増すばかり。周りで見守る龍亞や矢薙達も遊星と
ボマーの一挙手一投足に一喜一憂する。さらに、ボマーは"ジャイアント・ボマー・エアレイド"を使って遊星に
挑戦してくる。それに対し"シールドウォリアー"で応戦する遊星。ギリギリのところまで追いつめられる遊星。
固唾をのんで対戦の行方を見守る龍亞達。そんな遊星がボマーに攻撃を仕掛けてくる。
遊星の攻撃の真意を探ろうとするボマー。果たして、戦いの行方は?

01:44
コメント(0)
[コメントを書く]
2008年08月13日(水)
【20話「譲れない想い 我が使命は故郷と共に」】
吉田伸/町田住人/小野勝巳/高瀬言

フランクとの敗者復活戦で、激しいデュエルの末、引き分けにまで持ち込んだ龍可。その戦果に龍亞が不満を
漏らす。そんな龍亞の様子を意に介さない龍可であったが、フランクの放った"シグナー"という言葉が引っかかって
いた。こうして、デュエル・オブ・フォーチュンカップの大会第1日目が終わった。会場から引き上げようとする一同は、
巨大モニターに映し出されたボマーの姿を目にする。彼こそが明日の遊星の相手だった。強敵であることを再認識
する一同。ボマーのDホイールがどんなものかが楽しみだ、と呟く氷室の声を聞いて、龍亞の脳裏に何かが閃く。
皆と別れ、走り出す龍亞だった。

01:43
コメント(0)
[コメントを書く]

次n→ 




武藤遊戯がいた時代から数十年後の童実野町。
階層社会を形勢する未来都市「ネオ童実野シティ」へと変貌していた。
主人公「不動遊星」はデュエルディスクの発展系「D・ホイール」に乗り
下層エリアから上層エリアを目指し疾走する。
自分と仲間にとって大切なカード「スターダスト・ドラゴン」を奪っていった
「ジャック・アトラス」のいるデュエルスタジアムを目指して。
ついに対峙する遊星とジャック。それぞれの思いを胸に彼らのエースモンスターで
ある「スターダスト・ドラゴン」と「レッド・デーモンズ・ドラゴン」が
激突する!2体のドラゴンのバトルは謎の「赤き竜」を出現させ、
遊星の腕に「竜の痣(あざ)」を浮かびあがらせる。
「竜の痣」が導くそれぞれの運命がここから始まる。
仲間のために戦う遊星に待ち受けるものは?!
そして「竜の痣」がもたらすものとはいったい何なのか?!

メインスタッフ : 監督:小野勝巳
シリーズ構成:冨岡淳広
キャラクターデザイン:丸山修二
美術監督:柴田聡
3D制作:デジタルワークスエンターテインメント
音楽:蓑部雄祟、谷 丙午
音響監督:平光琢也
アニメーション制作:ぎゃろっぷ

声優:
不動遊星=宮下雄也
ジャック・アトラス=星野貴紀
十六夜アキ=木下あゆ美
龍亞=洞内愛
龍可=寺崎裕香
レクス・ゴドウィン=小手伸也
ナーブ=藤田憲右(トータルテンボス)
タカ=大村朋宏(トータルテンボス)

原作:高橋和希、スタジオ・ダイス(集英社「週刊少年ジャンプ」)
放送局:テレビ東京系 放送時間:水曜日 18:00〜18:30
放送期間:2008.04.02〜
【サブタイトル・スタッフ・あらすじ】 ※スタッフは脚本、演出、コンテ、作監の順


w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++